短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やまざと No.594 六月号作品輯Ⅰ

やまざと No.594 六月号作品輯Ⅰ

芳冠録  橋本信水選(上位10句紹介)

 血が騒ぐ  晩学ゆえに滾るペン    風子

 血が騒ぐ  わが愛鎮める術がない   千秋

 続く雨   何時召されるやこの生命  初子

 血が騒ぐ  消しても消しても付く残像 優葉

 続く雨   損をしたよな旅終わる   紀美子

 血が騒ぐ  女の杭は小さくも     好美

 血が騒ぐ  今走らねば消える虹    佐津子

 血が騒ぐ  献体させる印を捺す    淑子

 続く雨   痺れをきらす鍬の錆び   睦代

 続く雨  愚痴はとろ火で煮ています  和子
[PR]
by kanku_575 | 2010-08-22 21:28 |  やまざと誌