短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

やまざと No.594 六月号作品輯Ⅲ

やまざと No.594 六月号作品輯Ⅲ-1

山麗抄   「夫婦杖」小宮山初子選(三才五客)


 夫婦杖    孤愁を癒す道萌える    福男

 夫婦杖    少し距離おくことに慣れ  くにゑ

 夫婦杖    永久の誓いの杜若     佳津子


 夫婦杖    付かず離れず浮世旅    多津子

 夫婦杖    踏まれ寒さに耐える麦   ことゑ

 夫婦杖    深き轍が陽を抱く     恵羊

 夫婦杖    越せぬ坂なら明日にする  信水

 夫婦杖    慣れと惰性を見直す日   和代

 
 選後感

 天 青葉萌えるお散歩羨ましいです。

 地 少し離れていた方が仲よく居られるかも...

 人 杜若の淡紫が夫婦の年輪を想わせます。

 選者句

 夫婦杖    何日か何処へ消えし夫   初子
[PR]
by kanku_575 | 2010-08-30 21:19 |  やまざと誌