短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

第二十八回 久佐太郎句碑まつり

第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「曇りなく」  川上岳人 選  (三才五客)

曇りなく  凛として生く父の背中    真琴
曇りなく  「無罪」の垂れ幕駆け寄りぬ 早百合
曇りなく  泥の勲章農を継ぐ      睦代

曇りなく  心の鍵は捨てました     優葉
曇りなく  コロコロ笑う天使の瞳    真弓
曇りなく  意のまま走る風の私語    夢月
曇りなく  残像すべて消え失せし    早百合
曇りなく  大胆に描く未来地図     風子

 選者句

 曇りなく  故師聞き給え集う声     岳人   


...続く
[PR]
by kanku_575 | 2010-09-24 21:51 |  久佐太郎句碑まつり