短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

やまざと No.595 七月号作品輯Ⅳ

やまざと No.595 七月号作品輯Ⅳ-2

錦里抄   「友訪ね」 田中怜子選(三才五客)


 友訪ね    あせらず道を探したい   かよ子

 友訪ね    人生語る酒ありて     美則

 友訪ね    戦後を生きた葦の蘂    恵羊


 友訪ね    一気に時空の壁破る    真琴

 友訪ね    やさしい椅子の心地よく  かよ子

 友訪ね    話題の棘をぬく齢     佐津子

 友訪ね    心満たして帰る幸     よし子

 友訪ね    今見直している自分    萬郷

 
 選後感

 長い人生、困難なことがあれば、だれかに相談したいものです。但し、聞いてもらっても
 結局は自分で行く道を探すことになり、それでも道が開けます。私のことを言ってもらったと
 思い、心して読みました。
 ありがとうございました。

 怜子
[PR]
by kanku_575 | 2010-11-10 19:29 |  やまざと誌