短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

11月作品輯(平成22年)

姫路冠句会11月会員作品輯(平成22年)

路傍の詩   孤高におわす草紅葉     和子
路傍の詩   四季のうつろい花に問う   一三
路傍の詩   からっ風街の角で鳴る    襷子
路傍の詩   姥捨て山や胸うずく     美保子
路傍の詩   夕とんぼ夕陽に乗りぬ    依子
路傍の詩   試歩を励ます陽の雫     風子
路傍の詩   つまづく石が又笑う     優葉
路傍の詩   岬に佇てば風の私語     直樹
路傍の詩   残照はるか旅終わる     夢月


主婦日記   心の起伏書き均す      淑子
主婦日記   笹舟ぐらし懐かしむ     愛子
主婦日記   男に見せぬ裏積み木     恵羊
主婦日記   今更ながら恥じる我     さよ子
主婦日記   見え隠れする虚栄心     雄飛

しぐるる夜  沈む心を胸に秘め    あゆみ
しぐるる夜  母は女の仮面脱ぐ    真琴
しぐるる夜  新酒が素敵な夢くれる  信水
しぐるる夜  肩に置かれた手が温い  怜子
しぐるる夜  手の皺眺め母慕う    恒男
しぐるる夜  一合の酒身を丸め    真弓
しぐるる夜  無性に恋しい母のひざ  まゆみ
[PR]
by kanku_575 | 2010-11-20 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯