短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

姫路冠句会 11月例会輯 平成22年11月20日(土)

姫路冠句会 11月例会輯 平成22年11月20日(土) 姫路広峰公民館

路傍の詩   橋本信水選(三才五客)

天  路傍の詩   四季のうつろい花に問う   一三

地  路傍の詩   から風街の角で鳴る     欅子

人  路傍の詩   会えない陰を追う胡蝶    恵羊

客止 路傍の詩   花の枯れない無縁仏    恵羊
客2 路傍の詩   孤高におわす草紅葉   和子
客3 路傍の詩   残照はるか旅終わる   夢月
客4 路傍の詩   明日という字を拾ってる  怜子
客5 路傍の詩   試歩を励ます陽の雫    風子
 選者句
  路傍の詩   打ち直す杭太くする     信水
  路傍の詩   あの日の別れが落ちていた  信水
  路傍の詩   この一軒家に未だ未練    信水

主婦日記   北村恒男選(三才五客)

天  主婦日記   男に見えぬ裏積み木   恵羊

地  主婦日記   足る事の幸かみしめて  一三

人  主婦日記   見え隠れする虚栄心   雄飛

客止 主婦日記   泣くだけ哭けば朝の顔  怜子
客2 主婦日記   己が人生水鏡       愛子
客3 主婦日記   不況の歪み浸透す     真琴
客4 主婦日記   生きた証しを綿綿と   和子
客5 主婦日記   千里の故郷も一里塚    欅子

 選者句 
 主婦日記   仕分けが必要我が家計   恒男
  主婦日記   ○×目立つカレンダー    恒男
  主婦日記   いつしか主人は消えている 恒男

しぐるる夜   秋真琴選(三才五客)

天  しぐるる夜  手の皺眺め母慕う     恒男

地  しぐるる夜  肩に置かれた手が温い   怜子

人  しぐるる夜  夫の寝嵩が低くなる    淑子

客止 しぐるる夜  新酒が素敵な夢くれる   信水
客2 しぐるる夜  捨て犬今日は何処に寝る  風子
客3 しぐるる夜  無性に恋し母の膝     まゆみ
客4 しぐるる夜  こだわり解けて抱きよせる 一三
客5 しぐるる夜  一合の酒身を丸め     まゆみ

 選者句 
  しぐるる夜  ワイングラスが語りだす   真琴
  しぐるる夜  孤独を埋めるすべが無い   真琴
  しぐるる夜  母は女豹の仮面脱ぐ     真琴
[PR]
by kanku_575 | 2010-11-20 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯