短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2月作品輯(平成23年)

姫路冠句会 2月会員作品輯(平成23年)

旅の酒   二人の道がある限り    真弓
旅の酒   お国訛りに胸開く     一三
旅の酒   まだまだ現役退かす    まゆみ
旅の酒   雪見障子のひなび宿    美保子
旅の酒   心の根雪ゆらり解け    優葉
旅の酒   騒いでいるがふと寂し   淑子
旅の酒   人それぞれに又明日    無骨
旅の酒   愚痴の捨て場所湖と決め  欅子
旅の酒   君子豹変女抱く      雄飛

幼な友   阿修羅の哀か征ったまま  怜子
幼な友   思いのほかに言える仲   裕美
幼な友   里に残るは吾れと道    直樹
幼な友   濁りなき川背に豊か    恵羊
幼な友   青いレモンの味今も    恒男

ただよいて 風しか知らぬ風のみち   夢月
ただよいて 真綿のような雲に乗り   愛子
ただよいて 含み笑いの花言葉     哲子
ただよいて 山の便りか笹の舟     あゆみ
ただよいて 満月ですね朝の影     美代子
ただよいて 亡夫との語り冬銀河    風子
ただよいて 里に尽して従兄弟逝く   さよ子
ただよいて 施設に贈る春一番     信水
ただよいて 花菜とうたう昼の月    和子
ただよいて 無知を恥じずに考える   依子
[PR]
by kanku_575 | 2011-02-12 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯