短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

5月会員作品輯(平成23年)

姫路冠句会 5月会員作品輯(平成23年)

みどり濃し 燃えつきるまで詩紡ぐ   和子
みどり濃し 陽と戯れる山の精     夢月
みどり濃し 老いという殻脱ぎ捨てる  一三
みどり濃し 幸せ叫ぶ時鳥       恵羊
みどり濃し 長年かけた歩き初め    さよ子
みどり濃し 大木と地蔵が神神しく   美代子
みどり濃し 五月の貴公子微笑んで   恒男
みどり濃し 軌道に乗った子の便り   淑子

新名所   我に美しいばら道     優葉
新名所   バスを乗りつぎ寺の苔   あゆみ
新名所   種まき呉れる知識人    愛子
新名所   黄泉の国への切符買う   雄飛
新名所   駅が一気に光る街     直樹
新名所   ここぞとばかり旬を盛る  厚史
新名所   たぐればてっかい命縄   欅子
新名所   人よりも一歩切り開く   裕美

朝の幸   洗濯物に風光る      哲子
朝の幸   優しく響く古時計     怜子
朝の幸   平凡だけど今が好き    真弓
朝の幸   湯気立ちこめて母の味   風子
朝の幸   若葉取り込むかご重し   忍
朝の幸   季節動かす木の芽和え   信水
朝の幸   茶摘みの歌聞く駅に立つ  美保子
朝の幸   新茶の香り部屋中に    まゆみ
[PR]
by kanku_575 | 2011-05-14 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯