短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ: 姫路冠句会会員作品輯( 14 )

姫路冠句会 5月会員作品輯(平成23年)

みどり濃し 燃えつきるまで詩紡ぐ   和子
みどり濃し 陽と戯れる山の精     夢月
みどり濃し 老いという殻脱ぎ捨てる  一三
みどり濃し 幸せ叫ぶ時鳥       恵羊
みどり濃し 長年かけた歩き初め    さよ子
みどり濃し 大木と地蔵が神神しく   美代子
みどり濃し 五月の貴公子微笑んで   恒男
みどり濃し 軌道に乗った子の便り   淑子

新名所   我に美しいばら道     優葉
新名所   バスを乗りつぎ寺の苔   あゆみ
新名所   種まき呉れる知識人    愛子
新名所   黄泉の国への切符買う   雄飛
新名所   駅が一気に光る街     直樹
新名所   ここぞとばかり旬を盛る  厚史
新名所   たぐればてっかい命縄   欅子
新名所   人よりも一歩切り開く   裕美

朝の幸   洗濯物に風光る      哲子
朝の幸   優しく響く古時計     怜子
朝の幸   平凡だけど今が好き    真弓
朝の幸   湯気立ちこめて母の味   風子
朝の幸   若葉取り込むかご重し   忍
朝の幸   季節動かす木の芽和え   信水
朝の幸   茶摘みの歌聞く駅に立つ  美保子
朝の幸   新茶の香り部屋中に    まゆみ
[PR]
by kanku_575 | 2011-05-14 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会 4月会員作品輯(平成23年)

春雷に   日本列島震えさす     真弓
春雷に   何の予兆か嗅ぎ分ける   雄飛
春雷に   逆立ちしている女傘    夢月
春雷に   地獄を見たよな爪の跡   恒男
春雷に   お腹の胎児足でける    依子
春雷に   偽善の罪をつぐなえり   欅子
春雷に   心の時めきもて遊ぶ    美保子
春雷に   ぼちぼち農の鍬を持つ   直樹
春雷に   我に返れば主婦になる   優葉
春雷に   親父の一喝ふと恋し    真琴

もの芽吹く 負けない心夢開く     哲子
もの芽吹く やさしい風につつまれる  裕美
もの芽吹く 水車の記憶回り出す    怜子
もの芽吹く 友が繰りいる時刻表    淑子
もの芽吹く 耕転黒き土香る      恵羊
もの芽吹く 靴箱にあるラブレター   和子
もの芽吹く 誉め育てるは母心     愛子
もの芽吹く 次代を背負うランドセル  一三

瞳が笑う  別嬪さんと褒める祖母   風子
瞳が笑う  君と生きると決めたから  まゆみ
瞳が笑う  快方に向かう主人見る   さよ子
瞳が笑う  鏡見ながら明日生きる   あゆみ
瞳が笑う  極楽とはこの溢れる湯   信水
瞳が笑う  小さな紳士一年生     美代子
瞳が笑う  ダルマの片方いつ入れる  厚史
[PR]
by kanku_575 | 2011-04-09 18:37 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会 3月会員作品輯(平成23年)

沈丁花   落した青春が歩き出す   恵羊
沈丁花   残り火未だ燃えている   和子
沈丁花   昨日の愁い陽にかざし   優葉
沈丁花   元気な産声待ちわびる   まゆみ
沈丁花   女将の気品が座をしめる  欅子

誰を待つ  濡れているのか女雛の瞳  風子
誰を待つ  幸せ願いブーケ飛ぶ    哲子
誰を待つ  毛糸遊ばす丸い母     真弓
誰を待つ  ベンチにひと葉忘れ霜   あゆみ
誰を待つ  雪まだ消えず椿燃ゆ    信水
誰を待つ  姉女房がよいと聞く    依子
誰を待つ  慰霊碑仰ぐ彼岸墓地    直樹
誰を待つ  窓の玉霧つつと落つ    淑子
誰を待つ  真綿にくるむ恋なれど   雄飛

しのび泣き 誰にも言えぬ母ごころ   さよ子
しのび泣き 誰にも見せず胸借りる   裕美
しのび泣き 終雪待ちわびぶ村はさび  美保子
しのび泣き 夫の遺稿をよみ返す    夢月
しのび泣き 月がてらした帰り道    美代子
しのび泣き 亡夫恋う心あふれ出し   一三
しのび泣き ふと古弓の音 浮かび来る 愛子
しのび泣き 尖った背中を撫でてやり  怜子
しのび泣き 波音静か霧に消え     さよ子
しのび泣き 母を葬う身ひとつ     呑洲
しのび泣き 波音静か霧に消え     恒男
[PR]
by kanku_575 | 2011-03-12 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会 2月会員作品輯(平成23年)

旅の酒   二人の道がある限り    真弓
旅の酒   お国訛りに胸開く     一三
旅の酒   まだまだ現役退かす    まゆみ
旅の酒   雪見障子のひなび宿    美保子
旅の酒   心の根雪ゆらり解け    優葉
旅の酒   騒いでいるがふと寂し   淑子
旅の酒   人それぞれに又明日    無骨
旅の酒   愚痴の捨て場所湖と決め  欅子
旅の酒   君子豹変女抱く      雄飛

幼な友   阿修羅の哀か征ったまま  怜子
幼な友   思いのほかに言える仲   裕美
幼な友   里に残るは吾れと道    直樹
幼な友   濁りなき川背に豊か    恵羊
幼な友   青いレモンの味今も    恒男

ただよいて 風しか知らぬ風のみち   夢月
ただよいて 真綿のような雲に乗り   愛子
ただよいて 含み笑いの花言葉     哲子
ただよいて 山の便りか笹の舟     あゆみ
ただよいて 満月ですね朝の影     美代子
ただよいて 亡夫との語り冬銀河    風子
ただよいて 里に尽して従兄弟逝く   さよ子
ただよいて 施設に贈る春一番     信水
ただよいて 花菜とうたう昼の月    和子
ただよいて 無知を恥じずに考える   依子
[PR]
by kanku_575 | 2011-02-12 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会 1月会員作品輯(平成23年)

初春の雲   主人のことば一とする    さよこ
初春の雲   老いのひと文字瑞と書く   一三
初春の雲   運命線は虹の色に      恵羊
初春の雲   無冠の絵筆今日も持つ    優葉
初春の雲   流れを追いて夢作り     啓二
初春の雲   真赤な万年青庭は冬     美保子
初春の雲   七草刻む音弾み       淑子

凧あがる   今年の風にかけてみる    真弓
凧あがる   まだ伸びる糸たぐる胸    風子
凧あがる   見上げる空に未来あり    愛子
凧あがる   順風満帆ぬかりなく     雄飛
凧あがる   やさしい風に乗せられて   裕美
凧あがる   風に昭和の息を足す     夢月
凧あがる   父子で走る健やかに     亮子
凧あがる   ぐいぐい伸びよ青き竹    直樹

功とげて   世代が変わっていた故郷   信水
功とげて   息子は国に召し取られ    和子
功とげて   もう肩の荷を降そうか    真琴
功とげて   清貧に生き祖父の杖     怜子
功とげて   この山里に冬花火      欅子
功とげて   響く余韻のある限り     恒男
[PR]
by kanku_575 | 2011-01-15 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会12月会員作品輯(平成22年)

薄氷     定年迄を数えゐる      風子
薄氷     一葉の紅儚くも       直樹
薄氷     変わりないかと母の手紙   一三
薄氷     妬みは消して懐へ      あゆみ
薄氷     私の心にベール張る     優葉
薄氷     私の遺書を封印す      淑子

とどかない  抵抗をせぬ葦になる     怜子
とどかない  追えど追えどもち父越せず  和子
とどかない  師の足跡の海遠き      恵羊
とどかない  銀杏の散りぎわ我が身置く  美保子
とどかない  孫に手合す祖父母です    さよ子
とどかない  心に愛の雨降らせ      愛子

原稿紙    空白埋める文字がない    真弓
原稿紙    自分史綴る筆遅し      恒男
原稿紙    ペン胼胝うずく昭和の記   夢月
原稿紙    遅筆の神は文字選び     雄飛
原稿紙    感涙しぼる原爆記      信水
原稿紙    ほのかに匂う春の潮     欅子
原稿紙    自分の生い立ち細々と    依子
[PR]
by kanku_575 | 2010-12-11 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会11月会員作品輯(平成22年)

路傍の詩   孤高におわす草紅葉     和子
路傍の詩   四季のうつろい花に問う   一三
路傍の詩   からっ風街の角で鳴る    襷子
路傍の詩   姥捨て山や胸うずく     美保子
路傍の詩   夕とんぼ夕陽に乗りぬ    依子
路傍の詩   試歩を励ます陽の雫     風子
路傍の詩   つまづく石が又笑う     優葉
路傍の詩   岬に佇てば風の私語     直樹
路傍の詩   残照はるか旅終わる     夢月


主婦日記   心の起伏書き均す      淑子
主婦日記   笹舟ぐらし懐かしむ     愛子
主婦日記   男に見せぬ裏積み木     恵羊
主婦日記   今更ながら恥じる我     さよ子
主婦日記   見え隠れする虚栄心     雄飛

しぐるる夜  沈む心を胸に秘め    あゆみ
しぐるる夜  母は女の仮面脱ぐ    真琴
しぐるる夜  新酒が素敵な夢くれる  信水
しぐるる夜  肩に置かれた手が温い  怜子
しぐるる夜  手の皺眺め母慕う    恒男
しぐるる夜  一合の酒身を丸め    真弓
しぐるる夜  無性に恋しい母のひざ  まゆみ
[PR]
by kanku_575 | 2010-11-20 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句会10月会員作品輯(平成22年)

孤独な日   花一輪の青こくて      真弓
孤独な日   妻恋う詩の数増える     淑子
孤独な日   君への想い風になれ     まゆみ
孤独な日   脳の空白句がつつく     愛子
孤独な日   一と言聞いて距離を知る   哲子
孤独な日   陰さえ奪ってゆく夕日    恵羊

己が道    曲り曲って川になる     襷子
己が道    布石一つを糧とする     直樹
己が道    師のうたごころ極まで    信水
己が道    心に枯れぬ赤い花      風子
己が道    向かい風ならそれも良い   優葉
己が道    余生ふんばる八十の坂    一三
己が道    重荷がいつも追ってくる   怜子
己が道    苦労と思えし日は過ぎて   あゆみ
己が道    バトンを託す人がいて    雄飛

気軽さに   信用と云う福がある     依子
気軽さに   隣の味噌をまた借りる    和子
気軽さに   古希の同窓皆はしゃぎ    美代子
気軽さに   心の余裕もてばいい     さよ子
気軽さに   捺した拇印が徒になる    夢月
気軽さに   無言で歩く廃線路      美保子
気軽さに   受けた恩義が圧し掛かる   恒男
気軽さに   気付けば一線越していた   真琴
[PR]
by kanku_575 | 2010-10-09 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句9月例会の作品を紹介します。これは投句を含め、句会で披露されたものから、会員自らが選んだ1句を紹介する作品輯です。紹介した作品の中に気に入られた句があればコメントしてください。作者は自分の句にこんな感じ方もあるんだなとか?また、共感して頂いた、響き合ったと感じることもできることでしょう。是非ともコメントを頂ければ幸いです。なお、選者に選ばれた作品の紹介は「やまざと誌」に掲載されたものを紹介していきたいと思います。

姫路冠句会9月会員作品輯(平成22年)

一つの灯  こつこつ続編積む詩集     信水
一つの灯  勇気をくれた父が居た     直樹
一つの灯  仏の深い瞳に抱かれ      怜子
一つの灯  幾万の死者いしずえに     真琴
一つの灯  今日は私の誕生日       依子

雲はるか  勿忘草の恋ひそと       恵羊
雲はるか  焦燥ばかり明日見えず     和子
雲はるか  老いの余白はいぶし銀     夢月
雲はるか  大和撫子宙に舞う       雄飛
雲はるか  阿修羅の想い問うてみる    一三
雲はるか  記憶流れて郷の秋       啓二
雲はるか  別れの汽笛今も鳴る      淑子

山の駅   肺の底まで青に染む      風子
山の駅   八十の同窓待つ出湯      愛子
山の駅   かってのにぎわい今はなし   裕美
山の駅   蝉殻一つしがみつく      襷子
山の駅   心の迷い打ち切れず      真弓
山の駅   線路も人も共に老い      美保子
山の駅   虹の架け橋どの谷へ      恒男
[PR]
by kanku_575 | 2010-09-11 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯
姫路冠句8月例会の作品を紹介します。これは投句を含め、句会で披露されたものから、会員自らが選んだ1句を紹介する作品輯です。紹介した作品の中に気に入られた句があればコメントしてください。作者は自分の句にこんな感じ方もあるんだなとか?また、共感して頂いた、響き合ったと感じることもできることでしょう。是非ともコメントを頂ければ幸いです。なお、選者に選ばれた作品の紹介は「やまざと誌」に掲載されたものを紹介していきたいと思います。

姫路冠句会8月会員作品輯(平成22年)

走馬灯   廻る灯におくれまじ      依子
走馬灯   君が居た日にネジ戻す     真琴
走馬灯   今年も座る指定席       裕美
走馬灯   気つけばいつも貴方居る    真弓
走馬灯   涙を溜めた青い壺       優葉
走馬灯   われ十歳の母の葬       直樹
走馬灯   故郷ソング聞き惚れる     美保子
走馬灯   不条理なるも受容し      雄飛
走馬灯   この指止まれたけくらべ    恒男

刻迫る   独り芝居を期待して      愛子
刻迫る   挽歌の風に罪は無し      夢月
刻迫る   父は無言の意思表示      一三
刻迫る   しょせん一人の手術台     恵羊
刻迫る   十九の夜は寝付かれず     信水
刻迫る   疎開を死語にせぬ蛍      怜子

カンナ燃ゆ 掌のひらの風騒ぎ立つ     無骨
カンナ燃ゆ 傷の深さは語らない      和子
カンナ燃ゆ 母を見舞った無人駅      淑子
カンナ燃ゆ 今分岐点に佇つ帰農      風子
カンナ燃ゆ 一つのことに執着す      さよ子
カンナ燃ゆ こだわり捨てて軽くなる    美代子
カンナ燃ゆ もう独りでは生きられず    まゆみ
[PR]
by kanku_575 | 2010-08-28 13:00 |  姫路冠句会会員作品輯