短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ: 姫路冠句会例会作品輯( 11 )

姫路冠句会 12月例会輯 平成22年12月11日(土) 姫路広峰公民館

薄氷   橋本信水選(三才五客)

天  薄氷     私の遺書を封印す       淑子

地  薄氷     定年迄を数えゐる       風子

人  薄氷     変わりないかと母の手紙    一三

客止 薄氷     星影一つままならず      欅子
客2 薄氷     はずした指輪の跡わびし    欅子
客3 薄氷     一葉の紅儚くも        直樹
客4 薄氷     私の心にベール張る      優葉
客5 薄氷     片減り靴を磨く妻       風子

 選者句
  薄氷     友禅長し色冴えて       信水
  薄氷     母の新漬け人気出る      信水


原稿紙   平松直樹(三才五客)

天  原稿紙    空白埋める文字がない     真弓

地  原稿紙    ほのかに匂う春の湖      欅子

人  原稿紙    感涙しぼる原爆忌       信水

客止 原稿紙    横目に山茶花散り急ぐ     欅子
客2 原稿紙    廃校の道細々と        恵羊
客3 原稿紙    ペン胼胝うずく昭和の記    夢月
客4 原稿紙    折れたるペンの夢削る     欅子
客5 原稿紙    老いのつぶやきペンの先    一三

 選者句
  原稿紙     放浪の旅終わりなく     直樹
  原稿紙     文豪望む青き文字      直樹
  原稿紙     花に例えし生きる幸     直樹


とどかない   山根風子(三才五客)

天  とどかない  追えども追えども父越せず   和子

地  とどかない  抵抗をせぬ葦になる      怜子

人  とどかない  師の足跡の海遠き       恵羊

客止 とどかない  焦れど逃げてゆく詩魂     恵羊
客2 とどかない  沈めた過去が浮いてくる    怜子
客3 とどかない  好きが残った花なのに     淑子
客4 とどかない  揺るがしたきは母の塚     直樹
客5 とどかない  どこで遮断機降りたのか    優葉

 選者句
  とどかない  潤んで見えぬ信子星      風子
  とどかない  対の湯呑みが潰される     風子
[PR]
by kanku_575 | 2011-02-10 23:57 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 11月例会輯 平成22年11月20日(土) 姫路広峰公民館

路傍の詩   橋本信水選(三才五客)

天  路傍の詩   四季のうつろい花に問う   一三

地  路傍の詩   から風街の角で鳴る     欅子

人  路傍の詩   会えない陰を追う胡蝶    恵羊

客止 路傍の詩   花の枯れない無縁仏    恵羊
客2 路傍の詩   孤高におわす草紅葉   和子
客3 路傍の詩   残照はるか旅終わる   夢月
客4 路傍の詩   明日という字を拾ってる  怜子
客5 路傍の詩   試歩を励ます陽の雫    風子
 選者句
  路傍の詩   打ち直す杭太くする     信水
  路傍の詩   あの日の別れが落ちていた  信水
  路傍の詩   この一軒家に未だ未練    信水

主婦日記   北村恒男選(三才五客)

天  主婦日記   男に見えぬ裏積み木   恵羊

地  主婦日記   足る事の幸かみしめて  一三

人  主婦日記   見え隠れする虚栄心   雄飛

客止 主婦日記   泣くだけ哭けば朝の顔  怜子
客2 主婦日記   己が人生水鏡       愛子
客3 主婦日記   不況の歪み浸透す     真琴
客4 主婦日記   生きた証しを綿綿と   和子
客5 主婦日記   千里の故郷も一里塚    欅子

 選者句 
 主婦日記   仕分けが必要我が家計   恒男
  主婦日記   ○×目立つカレンダー    恒男
  主婦日記   いつしか主人は消えている 恒男

しぐるる夜   秋真琴選(三才五客)

天  しぐるる夜  手の皺眺め母慕う     恒男

地  しぐるる夜  肩に置かれた手が温い   怜子

人  しぐるる夜  夫の寝嵩が低くなる    淑子

客止 しぐるる夜  新酒が素敵な夢くれる   信水
客2 しぐるる夜  捨て犬今日は何処に寝る  風子
客3 しぐるる夜  無性に恋し母の膝     まゆみ
客4 しぐるる夜  こだわり解けて抱きよせる 一三
客5 しぐるる夜  一合の酒身を丸め     まゆみ

 選者句 
  しぐるる夜  ワイングラスが語りだす   真琴
  しぐるる夜  孤独を埋めるすべが無い   真琴
  しぐるる夜  母は女豹の仮面脱ぐ     真琴
[PR]
by kanku_575 | 2010-11-20 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 10月例会輯 平成22年10月9日(土) 姫路広峰公民館

孤独な日   橋本信水選(三才五客)

天  孤独な日   陰さえ奪ってゆく夕日   恵羊

地  孤独な日   温む術なき月の人     直樹

人  孤独な日   脳の空白句がつつく    愛子

客止 孤独な日   君への想い風になれ    まゆみ
客2 孤独な日   磐石ならぬ杭と知る    風子
客3 孤独な日   思慕へ再起の捻子を巻く  夢月
客4 孤独な日   妻恋う詩の数増えて    淑子
客5 孤独な日   心に宿す星ひとつ     風子

 選者句
  孤独な日   切れてた電話の惜しいこと   信水
  孤独な日   炊けば憎らし斑の飯      信水
  孤独な日   父母の位牌を拭き清め     信水

己が道  秦谷淑子選(三才五客)

天  己が道    師のうたごころ極むまで  信水

地  己が道    布石ひとつを糧とする   直樹

人  己が道    心に枯れぬ赤い花     風子

客止 己が道    土の匂いが満ちる四肢   恵羊
客2 己が道    重荷がいつも追ってくる  怜子
客3 己が道    向かい風ならそれも良い  優葉
客4 己が道    季節外れのさくら咲く   哲子
客5 己が道    苦労と見えし日は過ぎて  まゆみ

 選者句  
己が道    悔い残すまじ古巣の灯   淑子
  己が道    1本筋が通ってる     淑子

気軽さに  足立欅子選(三才五客)

天  気軽さに   押した拇印が徒となる   夢月

地  気軽さに   気付けば一線越えている  真琴

人  気軽さに   今日高砂の橋渡し     信水

客止 気軽さに   受けた恩義が圧し掛かる  恒男
客2 気軽さに   川の深さを知らぬまま   優葉
客3 気軽さに   棘ある言葉返される    淑子
客4 気軽さに   隣の味噌をまた借りる   和子
客5 気軽さに   無言で歩く配線路      美保子

 選者句
  気軽さに   笑えば苦し膝くりげ    欅子
  気軽さに   誤解されいる故郷訛    欅子
[PR]
by kanku_575 | 2010-10-09 10:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 9月例会輯 平成22年9月11日(土) 姫路広峰公民館

雲はるか   橋本信水選(三才五客)

天  雲はるか   別れの汽笛今も鳴る    淑子

地  雲はるか   焦燥ばかり明日見えず   和子

人  雲はるか   故郷を遠く抱いている   和子

客止 雲はるか   阿修羅の想い問うてみる  一三
客2 雲はるか   勿忘草の恋ひそと     恵羊
客3 雲はるか   男は次の戦練る      和子
客4 雲はるか   ショパンを聴いて乙女にす 淑子
客5 雲はるか   知恵寄せ合って蟻の塚   欅子

 選者句
  雲はるか    お前も鳴けない唖の蝉   信水
  雲はるか    飛んで行きたい病窓固し  信水

山の駅   平松直樹選(三才五客)

天  山の駅    虹の架け橋どの谷へ    恒男

地  山の駅    蝉殻一つしがみつく    欅子

人  山の駅    肺の底まで青に染む    風子

客止 山の駅    柿の実熟れて誰を待つ   真琴
客2 山の駅    雲海出世作とする     信水
客3 山の駅    喧騒の街逃れ来し     風子
客4 山の駅    心の迷い打ち切れず    真弓
客5 山の駅    曾ての賑わい今はなし   裕美
 選者句
  山の駅    同じリズムの靴二足     直樹
  山の駅    老いて望む百の峰      直樹
  山の駅    竹の参道寂一日       直樹

一つの灯   秦谷淑子選(三才五客)

天  一つの灯   こつこつ続編積む詩集   信水

地  一つの灯   幾万の死者いしずえに   真琴

人  一つの灯   語り継がねば消ゆ戦史   風子

客止 一つの灯   仏の深い瞳に抱かれ    怜子
客2 一つの灯   勇気をくれた父が居た   直樹
客3 一つの灯   過疎に戻りし若夫婦    風子
客4 一つの灯   独老の憂さを酌む冠句   直樹
客5 一つの灯   晩学という宝抱き     和子

 選者句
  一つの灯   一途に生きて疑わず     淑子
  一つの灯   呼吸を止めた手術台     淑子
  一つの灯   針穴ちょっと見失い     淑子
[PR]
by kanku_575 | 2010-09-11 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 8月例会輯 平成22年8月28日(土) 姫路広峰公民館

走馬灯   午頭無骨選(三才五客)

天  走馬灯    君が居た日にネジ戻す   真琴

地  走馬灯    この指止まれたけくらべ  恒男

人 走馬灯    まだ帳尻が合わずいる   淑子

客止 走馬灯    強さの意味も理解る年   美代子
客2 走馬灯    われ十歳の母の葬     直樹
客3 走馬灯    古里ソング聞き惚れる   美保子
客4 走馬灯    不条理なるも受け難し   雄飛
客5 走馬灯    今年も座る指定席     裕美

 選者句
  走馬灯    亡父の声あり土用波    無骨
  走馬灯    昭和泳ぎし海ほたる    無骨
  走馬灯    泣き砂母の声に似し    無骨

刻迫る   平松直樹選(三才五客)

天  刻迫る    しょせん一人の手術台   恵羊

地  刻迫る    老いを緑の風に伏せ    恵羊

人  刻迫る    疎開を死語にせぬ蛍    怜子

客止 刻迫る    心残りはないけれど    まゆみ
客2 刻迫る    祈る瞳に星うるむ     風子
客3 刻迫る    落っきを止める術がない  恵羊
客4 刻迫る    挽歌の風に罪はなし    夢月
客5 刻迫る    独り芝居を期待して    愛子

 選者句
  刻迫る    男は炎となり戦場へ       直樹
  刻迫る    亡母に見せたしバージンロード  直樹
  刻迫る    さあ飛び跳ねよトーシューズ   直樹

カンナ燃ゆ   秋 真琴選(三才五客)

天  カンナ燃ゆ  掌のひらの風騒ぎ立つ   無骨

地  カンナ燃ゆ  母を見舞った無人駅    淑子

人  カンナ燃ゆ  今岐路に佇つ帰農     風子

客止 カンナ燃ゆ  オーラはじける君眩し   雄飛
客2 カンナ燃ゆ  悲話を知ってるきび畑   怜子
客3 カンナ燃ゆ  恋は魔性の牙を研ぐ    直樹
客4 カンナ燃ゆ  傷の深さは語らない    和子
客5 カンナ燃ゆ  ふれてしまった蜜の毒   怜子

 選者句
  カンナ燃ゆ  村の復興背なを押す    真琴
  カンナ燃ゆ  最後の恋ときめました   真琴
  カンナ燃ゆ  ひたすら白球追いかける  真琴
[PR]
by kanku_575 | 2010-08-28 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 7月例会輯 平成22年7月10日(土) 姫路広峰公民館

快気炎   橋本信水選(三才五客)

天  快気炎    父のあぐらは解かれず   一三

地  快気炎    肘鉄二つ用意する     淑子

人  快気炎    鉛筆は人斬るが好き    和子

客止 快気炎    夢見る骨が軋みたす    玲子
客2 快気炎    若さが天を突き上げる   恵羊
客3 快気炎    魔物の酒を少し借り    和子
客4 快気炎    老い蹴散らして行く棚田  真琴
客5 快気炎    窓満タンに風入れる    優葉

 選者句 
  快気炎    久々シベリア抑留記    信水
  快気炎    メス入れて父病み終える  信水

小走りに   泰谷淑子選(三才五客)

天  小走りに   一票になる農婦の手    欅子

地  小走りに   涙が先に落つ夜道     信水

人  小走りに   老母残して去るホーム   真琴

客止 小走りに   わが行く道をひたすらに  裕美
客2 小走りに   喜び共に分かち度く    愛子
客3 小走りに   父の轍に導かる      和子
客4 小走りに   夢を買い足す我が道に   真弓
客5 小走りに   面影よぎり雲ひかる    風子

 選者句 
  小走りに   振り向かぬ男幕おりる   淑子
  小走りに   笹舟を追う子の歓喜    淑子
  小走りに   虹は幾多の人で観る    淑子

缶ビール   平松直樹選(三才五客)

天  缶ビール   一と汗ながした農の畦   恵羊

地  缶ビール   一人の夜を詰る月     恵羊

人  缶ビール   家庭菜園一と日終え    淑子

客止 缶ビール   墓石洗って夏を盛る    淑子
客2 缶ビール   夕陽に男の愚痴投げる   恵羊
客3 缶ビール   青田談義は軒先で     真琴
客4 缶ビール   気負うことなく吐く本音  風子
客5 缶ビール   日焼けした肌が笑ってる  真弓

 選者句
  缶ビール   いっきいっきの誘い水   直樹
  缶ビール   ひとにはひとつ憂さがある 直樹
  缶ビール   友と肩寄す己が青春    直樹
[PR]
by kanku_575 | 2010-07-10 13:30 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 5月例会輯 平成22年5月8日(土) 姫路広峰公民館

皆笑顔   秦谷淑子選(三才五客)

天  皆笑顔    あの世の近い人ばかり   和子

地  皆笑顔    今日全快の祝い箸     信水

人  皆笑顔    まん中に置く母の席    真琴

客止 皆笑顔    夕餉それぞれ話題あり   依子
客2 皆笑顔    産声聞いた待合所     優葉
客3 皆笑顔    洒落た句評が座を湧かす  風子
客4 皆笑顔    妻への理屈お手上げで   美代子
客5 皆笑顔    連休と言う逢瀬あり    信水

 選者句
  皆笑顔    心の起伏を加工する
  皆笑顔    フレアスカート踊らせる
  皆笑顔    青葉写して吊り鏡


空いた席   田中怜子選(三才五客)

天  空いた席   いい風吹く日待ちわびる  まゆみ

地  空いた席   お帰りと花置いた夫    優葉

人  空いた席   響く一句が心底に     恵羊

客止 空いた席   疑惑の風が渦巻いて    和子
客2 空いた席   思慕にむなしい風が哭く  夢月
客3 空いた席   決断できぬ腑甲斐なさ   愛子
客4 空いた席   貴女の心で埋めてます   真弓
客5 空いた席   戦死を悼む供養餅     哲子

 選者句
  空いた席   尼僧は過去を語らない
  空いた席   無蓋の天へ逝ったまま
  空いた席   外反母趾が反逆す


紙かぶと   佐野真弓選(三才五客)

天  紙かぶと   五月の風を歌わせる    風子

地  紙かぶと   児に逞しき夢託す     一三

人  紙かぶと   威張った顔は父に似て   直樹

客止 紙かぶと   息はずみ来る吾子抱く   淑子
客2 紙かぶと   病窓の隅そっと置く    真琴
客3 紙かぶと   夢を折り込む母の愛    夢月
客4 紙かぶと   女系家族に終止符か    美保子
客5 紙かぶと   話題尽きない幼年期    愛子

 選者句 
  紙かぶと   甘え上手の青リンゴ
  紙かぶと   父の背中に教えられ
[PR]
by kanku_575 | 2010-05-08 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 4月例会輯 平成22年4月10日(土) 姫路広峰公民館

追悼句会となりました。

追悼吟

 慕情濃き  桜万朶は薄墨す      淑子
 忘れない  あなたの行跡なごり雪   美保子
 いつまでも あなたに繋ぐ詩唄う    優葉
 君は風   永遠に仲間の中で生く   真琴
 春近し   初孫一気に抱き上げる   真弓
 白椿    生命いっぱい燃やしゆく  怜子
 母なれば  子の夢を抱き花浄土    風子
 惜しまれる 福寿草のような人     美代子
 春寒し   惜別に哭く花おぼろ    夢月
 さようなら あなたの面影色褪せず   まゆみ
 眼科での  やさしき言葉いつまでも  愛子
 君悼む   晴れやかなりし日は消せじ 直樹
 全て事   仏陀に任せよ無常なる   雄飛
 さようなら 思い出つきず呼びかける  栄子
 詩星の   君降りて来よ桜灯り    弘法
 薔薇一輪  逢える来期を待ってます  和子
 鮮やかな  人生行路指針とす     多津子
 春来して  花は開けど主無く     依子
 惜しまれて 懐深き母の詩       睦代
 さようなら もう逢えなくて千の風   歌子
 母の詩   万感胸に納め旅      佐津子
 鮮やかに  満ち足り輝けり人生    和代
 惜しまれて 深海に鳴る衰の鐘     恵羊
 春そこに  夢はつぼみを抱いたまま  襷子
 花の香よ  遠き地にある君のため   萬郷
 俤を追う  姫路の早春忘れない    信水


返事なく   橋本信水選(三才五客)

天  返事なく   香より華より句を献ず   淑子

地  返事なく   鯵のふる里帰りゆく    さよ子

人  返事なく   さぎ草濡らす春の雨    佐津子

客止 返事なく   切り株の芽は伸びている  恵羊
客2 返事なく   この郷守る風になる    淑子
客3 返事なく   貴女のメール消さず置く  風子
客4 返事なく   偲ぶ言葉がむなしくて   和子
客5 返事なく   想いせつなく春の雪    襷子

 選者句
   返事なく   信子の詩集見て飽きず
   返事なく   も一度聴かせて春木霊
   返事なく   私の琴線揺らしたまま


みんな過去  足立襷子選

天  みんな過去  無念と書いて雲がゆき   佐津子
地  みんな過去  永久に忘れぬ句の調べ   風子
人  みんな過去  呼べば心の遠絵巻     睦代

客止 みんな過去  塗り替えられし未来道   和代
客2 みんな過去  灯し続ける貴女の詩    和代
客3 みんな過去  遺作の秀句ありがとう   依子
客4 みんな過去  逆には流れぬ春の川    淑子
客5 みんな過去  渚は今日も変わらねど   恵羊

 選者句 
   みんな過去  まだ消え残るCメール
    みんな過去  馬酔木の葉陰にはみかみて
    みんな過去  息のつまりし花吹雪
[PR]
by kanku_575 | 2010-04-10 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 3月例会輯 平成22年3月13日(土) 姫路広峰公民館

学窓よ     橋本信水選

天   学窓よ  みな大鷲に育ちたし       和子

地   学窓よ  錦は要らぬ達者なら       怜子

人   学窓よ  機首ととのえて勇躍す      風子

客止  学窓よ  吾が決めた道一直線       依子
客2  学窓よ  瞳輝かせ描く明日        風子
客3  学窓よ  国に境などないと        和子
客4  学窓よ  春の扉は君の手で        優葉
客5  学窓よ  人生変わる師の言葉       愛子

 選者句
 学窓よ  得た筋金は咲かせたし      信水
 学窓よ  このネガ永遠に消さじ      信水



ついそこに     秦谷淑子選

天   ついそこに  終着駅の灯ちらちらと    信水

地   ついそこに  母を連れ出す花暦      風子

人   ついそこに  老いた手なれど支え合い   怜子

客止  ついそこに  命の火花止められず     優葉
客2  ついそこに  夕陽が染める戦友の墓    一三
客3  ついそこに  発芽忘れた脳回路      夢月
客4  ついそこに  明日咲く花の息吹き聞く   真琴
客5  ついそこに  先を越されし姉に縁     愛子

 選者句
 ついそこに  描きかけの絵に色を足す    淑子
 ついそこに  春待たずして友折れる     淑子
 ついそこに  作り笑いを見抜かれる     淑子


梅日和       平松直樹選

天   梅日和  そこにあなたは居ないけど    まゆみ

地   梅日和  古希の年輪光り合う       風子

人   梅日和  労わり合うてふたり道      怜子

客止  梅日和  ほどほどの幸嬉しくて      一三
客2  梅日和  彼と無限の空に溶け       和子
客3  梅日和  涙預ける辻地蔵         優葉
客4  梅日和  帯に残りし母の香よ       風子
客5  梅日和  磨崖佛みな目を細め       和子

 選者句 
 梅日和  祖父母に父と母と子と      直樹
 梅日和  ぽんと納得寿の封書       直樹
 梅日和  瀬戸はゆったり昼寝して     直樹


コメントについてコメントを気になさる方は未公開コメント欄にチェックを入れると表示はされず、見られることもありません。ご気軽にどうそ...
[PR]
by kanku_575 | 2010-03-13 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯
姫路冠句会 2月例会輯 平成22年2月13日(土) 姫路広峰公民館

若い人     秦谷淑子選

天   若い人  時に哀しき迷い鳩        風子

地   若い人  花遅くとも根は深く       一三

人   若い人  夢あらば志の美しく       直樹

客止  若い人  空気そのまま春になる      真弓
客2  若い人  計り知れない武器を持つ     真弓
客3  若い人  末席からも的を射る       和子
客4  若い人  多感な春を精一杯        栄子
客5  若い人  一途な風が邪魔をする      怜子

若い人   秋 真琴選

天   若い人  空気そのまま春になる      真弓

地   若い人  時に哀しい迷い鳩        風子

人   若い人  逆風みごとにぶった切る     風子

客止  若い人  不況の風に揺れ止まず      一三
客2  若い人  師のメッセージが脳かすめ    美保子
客3  若い人  感動という彩を持つ       直樹
客4  若い人  口角に泡飛ばしおり       淑子
客5  若い人  幾度も見上げ北極星       雄飛

若い人     平松直樹選

天   若い人  すてきな夢を懐に        三重子

地   若い人  時に哀しい迷い鳩        風子

人   若い人  未来の自分に賭けて飛ぶ     風子

客止  若い人  生涯青春今白寿         愛子
客2  若い人  不況の風に揺れ止まず      一三
客3  若い人  計り切れない武器を持つ     真弓
客4  若い人  研けば輝る原石秘める      真琴
客5  若い人  一途な風が邪魔をする      怜子

コメントについてコメントを気になさる方は未公開コメント欄にチェックを入れると表示はされず、見られることもありません。ご気軽にどうそ...
[PR]
by kanku_575 | 2010-02-13 13:00 |  姫路冠句会例会作品輯