短詩文芸である冠句紹介


by kanku_575
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ: 久佐太郎句碑まつり( 14 )

第二十八回 久佐太郎句碑まつり(欠席投句の部)

「独りごと」  藤原萬郷 選  (三才五客)

独りごと  ゆったり生きたい青葉風  かよ子
独りごと  予定未定の積木ごと    多津子
独りごと  夜の安らぎが訪ずれず   栄春

独りごと  一身上の薔薇抱く     未知
独りごと  花と会話も日課とす    とよ子
独りごと  こぶしの中は何もなく   みゑ子
独りごと  まだまだ生きる野心連れ  怜子
独りごと  音もたてずに虹生まれ   喜美子
by kanku_575 | 2010-10-20 01:00 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 久佐太郎句碑まつり(欠席投句の部)

「曇りなく」  川上岳人 選  (三才五客)

曇りなく  揺るがぬ指針貫いて    金子
曇りなく  心静かに写経の巫     一三
曇りなく  試練に耐えた笑い皺    慶次

曇りなく  一度の人生媚びず生き   福男
曇りなく  努力は穂る喜びに     愛子
曇りなく  鏡しずかに身を諭す    すず
曇りなく  何を恐るる神ありて    雄飛
曇りなく  家族を写す母鏡      正子


...続く
by kanku_575 | 2010-10-19 21:36 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 久佐太郎句碑まつり(欠席投句の部)

「争わず」  篠原和子 選  (三才五客)

争わず   ただ一筋の道をゆく    美則
争わず   石一つ置く棚田水     栄春
争わず   うまく舵とる妻才女    喜代子

争わず   無欲になりて安堵する   一三
争わず   妻は黙って頷いて     とよ子
争わず   歳月人を丸くする     金子
争わず   互いに夢を持つふたり   みゑ子
争わず   かかえきれないありがとう かよ子



...続く
by kanku_575 | 2010-10-18 23:14 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 久佐太郎句碑まつり(欠席投句の部)

「ある絆」  午頭栄春 選  (三才五客)

ある絆   一本の川流れいて     金子
ある絆   巣立ちの跡に森の闇    明彦
ある絆   過去が聞きたい木の瘤に  怜子

ある絆   神木に添う蝉の殻     喜美子
ある絆   二人で唄った挿入歌    喜代子
ある絆   たんぽぽ優しく声かける  みゑ子
ある絆   情熱胸に雨の薔薇     初子
ある絆   借りて女の櫛匂う     定子



...続く
by kanku_575 | 2010-10-17 21:14 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 久佐太郎句碑まつり(欠席投句の部)

「風青し」  橋本信水 選  (三才五客)

風青し   白寿の手彫り佛笑う    弘法
風青し   悔いなく老いて農に帰す  一三
風青し   上昇気流に乗せる凧    金子

風青し   一人一人に空のあり    喜美尾
風青し   泣いた分だけすがすがし  雄飛
風青し   歩く電話に追い越され   みゑ子
風青し   老いの坂道丸く押す    多津子
風青し   孤を愛ほしむ孟宗竹    栄春


...続く  
by kanku_575 | 2010-10-16 16:04 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「独りごと」  藤原萬郷 選  (三才五客)

独りごと  夢を砕いた春嵐      恵羊
独りごと  父の語録が納屋にある   信水
独りごと  じわじわ攻める詰将棋   睦代

独りごと  悲しみ深き母の川     恵羊
独りごと  ぽつりぽつりと角研く   睦代
独りごと  語尾につまずき日が暮れる 夢月
独りごと  幸せの文字復讐す     好美
独りごと  いい奴だったが愚痴も聞け 信水

 選者句

 独りごと  心で消火する火種     萬郷   


...出席者の部、終り。次は欠席投句の部...
by kanku_575 | 2010-09-25 17:14 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「曇りなく」  川上岳人 選  (三才五客)

曇りなく  凛として生く父の背中    真琴
曇りなく  「無罪」の垂れ幕駆け寄りぬ 早百合
曇りなく  泥の勲章農を継ぐ      睦代

曇りなく  心の鍵は捨てました     優葉
曇りなく  コロコロ笑う天使の瞳    真弓
曇りなく  意のまま走る風の私語    夢月
曇りなく  残像すべて消え失せし    早百合
曇りなく  大胆に描く未来地図     風子

 選者句

 曇りなく  故師聞き給え集う声     岳人   


...続く
by kanku_575 | 2010-09-24 21:51 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「争わず」  篠原和子 選  (三才五客)

争わず   私の杭を一人打つ     好美
争わず   遺産は墓守りに譲る    信水
争わず   母が笑顔で越えた山    風子

争わず   句碑囲む薫風心地良く   佐津子
争わず   罪を許してくれる女    厚史
争わず   生かされし日々大切に   英子
争わず   洗い流して望む朝     とみ子
争わず   余生気ままに生かされる  淑子

 選者句

 争わず   夫唱婦随を旨とする    和子   


...続く
by kanku_575 | 2010-09-22 21:56 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「ある絆」  午頭栄春 選  (三才五客)

ある絆   私に止まった春の蜂    祐子
ある絆   耳朶を炎やしている一語  風子
ある絆   丈競い合う籐すだれ    ことゑ

ある絆   引きよされる海がある   厚史
ある絆   こそばゆい程濃き出逢い  睦代
ある絆   墓に一輪風の薔薇     直樹
ある絆   手を振る君が遠すぎて   優葉
ある絆   私に光ったひとつ星    優葉

 選者句

 ある絆   七つ数えし北の星     栄春



...続く
by kanku_575 | 2010-09-21 21:49 |  久佐太郎句碑まつり
第二十八回 平成二十二年度 久佐太郎句碑まつり冠句大会
六月四日 於 新宮山 満福寺

祝題「風青し」  橋本信水 選  (三才五客)

風青し   こつこつのぼる句碑の寺  厚史
風青し   約束したのはこの小道   優葉
風青し   少女一途な恋芽生え    直樹

風青し   親父見てるかこの棚田   真琴
風青し   誌上の句友に会える今日  和代
風青し   この郷が好き母が好き   真琴
風青し   まだまだ歌うラブソング  岳人
風青し   一生一代床柱       睦代

 選者句

 風青し   天職農と憚らず      信水



...続く
by kanku_575 | 2010-09-20 22:39 |  久佐太郎句碑まつり